かたち

垂れてしまったバストを元に戻す

女性にとって人生最大の仕事と言ってもいいのが出産でしょう。
その妊娠中、女性のバストは今まで見たことがないくらいにボリュームとハリを誇ります。
それは、女性ホルモンが最大限に働き、バストを構成する乳腺が刺激されているからです。
そして、出産後、授乳中においても、その乳腺が最大に刺激されている状態のため、バストの大きさは変わりません。

しかし、これが授乳が一旦終わると、見るも無残に垂れ下がってしまうということがよくあります。
これは、女性ホルモンの分泌が落ち着き、授乳期にどうしても知らぬ間になってしまう猫背の体制による肩甲骨の歪みや筋力の低下を原因とするバスト位置が下がることで起こっているのです。
だからといって、出産も終わったからと、この垂れ下がったバストで残りの人生を楽しもうと開き直ってしまう前に、もう一度、ボリュームとハリを取り戻すことを考えてください。
このバストを昔のように戻すことは十分に可能なのです。

このバストを戻すために有効なのが、話題のおっぱい体操や、簡単な大胸筋を鍛えるエクササイズやストレッチです。
基本的には筋力の衰えと体の歪みが原因なので、そこを改善することがバストアップに繋がります。
基本的なのは、猫背の改善から入る姿勢を正すことで、これはただ気をつけて背筋を伸ばすことを意識して過ごすことで変わります。
それと同時に行うのが、ストレッチとおっぱいマッサージを組み合わせたメディアでも話題のおっぱい体操です。
さらに、胸の前で両手を合わせ、内側に力を入れたり、肩幅より広めに開いて手をついた上で腕立て伏せを行うといったようなエクササイズで、大胸筋を鍛えることも効果的です。

筋力は年齢とともに衰えていくため、授乳完了直後からバストアップのために鍛えていけば、その運動に慣れて、老化が訪れてもバストは美しく保てるかもしれません。
そのためにも、諦めずに、きちんと対策を持ってバストアップに励んでおくことが必要です。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない重要な情報 All Rights Reserved.