かたち

バストアップに効果ありのレシピ

女性にとって、体のラインを美しく保つことが理想でしょう。
特に露出が激しくなる夏に近づくと、ダイエットとともに話題になるのがバストアップです。
エクササイズやサプリメントなどに頼って、これを目指す女性が増える傾向があります。
そして、このバストアップは、女性ホルモンの影響をかなり受けることがわかっていて、こういった方法と合わせて、食事についても気をつけると効率的なのです。
そこで、バストアップに有効的な成分をご紹介しながら、その代表的なメニューのレシピをみてみましょう。

まず、女性ホルモンと同等の効果を持つ成分を含むということで、バストアップに効く成分の代表と呼ばれるのが、豆乳などに含まれるイソフラボンです。
豆乳は、鍋のスープとしても抜群ですし、流行りのスムージーにしてもいいですね。
デザートとしてもいけます。
豆乳に限らず、大豆製品の納豆などにも入っているイソフラボン。
納豆はダイエット効果もあって一石二鳥です。
次に、迷信のように言われているキャベツにバストアップ効果があるということなのですが、これについても確かです。
キャベツに含まれる“ボロン”という成分が女性ホルモンのエストロゲンを活性化させるのだそうです。
生でも煮ても万能に使えるキャベツは、毎日でも摂りたいバストアップ食材なのです。
また、血行促進により女性ホルモンを活性化させ、アンチエイジングとしても注目されているのがビタミンEです。
これは、主にナッツ類等に含まれています。

これらの成分を含んだ食材を組み合わせた、バストアップレシピにはこのようなものがあります。
例えば、豆乳をベースにしたチーズリゾットは、イソフラボンもたんぱく質も摂れてバストアップ効果大ですし、おからでえロールキャベツを作れば、イソフラボンにボロンも摂れます。
このように、組み合わせて楽しく、ストレスレスにバストアップのための食事を効果的に摂りましょう。
ただし、このような成分だけに特化するのでなく、バランスにも気をつけましょう。


Copyright(C) 2013 女性には欠かせない重要な情報 All Rights Reserved.