かたち

女性ホルモンの分泌増加でバストアップ

きれいごとで慰められても、やはりおっぱいは大きい方がいいのでしょう?と言いたくなるコンプレックスを抱えた女性はたくさんいます。
そして、様々な方法を試されて、それでも全然大きさ変わらないじゃないと言われる人もいるでしょう。
そんな人は、やはりおっぱいが大きくなるメカニズムを知らないといけません。
おっぱいは、女性ホルモンの影響を非常に大きく受けるのです。
女性らしい体つきになるわけですから、女性ホルモンが関係しているということもわかりやすいですよね。
出産前後の女性のおっぱいが大きくなるのも、女性ホルモンが大量に分泌されるからなのです。
つまり、この女性ホルモンの分泌を増やすことができれば、バストアップに繋がるということなのです。

この女性ホルモンは、卵巣から分泌されるもので、実は年齢とともに次第に分泌される量が減っていくのです。
成長する必要がないと思われるのでしょうね。
でも、だからといって、こんな大きさで止まられても困ると思われるでしょう。
そこで、女性ホルモンの分泌を増やすにはどうしたらいいのかというと、生活習慣の改善とサプリメントをうまく使うことで増やすことができるのです。
例えば、睡眠不足、ストレス、栄養バランスの乱れ、冷え性などによっても女性ホルモンの分泌は阻害されます。
これらをきちんと改善することが必要です。
そして、女性ホルモンの成分に非常に似たものを摂取できるサプリメントはかなり有効的です。
もちろん、エストロゲンが含まれる大豆製品のイソフラボンを摂るという方法もありますが、食材からは消化吸収によってそれが直接おっぱいに繋がる確率が低い可能性が高いため、サプリメントの方が確実です。

そして、バストアップに最も効果的と言われるのが、寝る前にサプリメントを飲み、下着を付けておっぱいの位置を安定させ、刺激を与えながら、しっかりと睡眠を取るという方法です。
この組み合わせがバストアップを生む必殺技と言ってもいいでしょう。


Copyright(C) 2013 女性には欠かせない重要な情報 All Rights Reserved.